HOME » 歯周病治療の3つの方法 » フラップ手術と再療法

フラップ手術と再療法

最先端の歯周病再生治療エムドゲイン療法の治療内容・費用をまとめました。

代表的な歯周病外科手術・フラップ手術とは

歯周病が悪化すると歯周ポケットの奥深くに入り込んだプラーク(歯垢)や歯石を取り除くための外科手術が必要になる場合があります。外科手術はいくつか種類がありますが、代表的な治療がフラップ手術です。

ポケットの中に入ったプラークや歯石はスケーリングによって除去できますが、歯周病が進行するとポケットがどんどん深くなり、スケーリングではポケットの奥深くまで届かなくなってしまいます。

そして、歯周病ポケットの深さが6mm以上になると重度の歯周病とされ、放置しておくと歯が抜け落ちてしまいます。この歯周ポケットの奥深くに入り込んだプラークや歯石を取り除くのがフラップ手術です。

フラップ手術の治療内容と手術費用

歯肉に局所麻酔をかけ、メスを入れて切開します。そして、炎症性組織を除去し、スケーリングなどの器具を使ってプラークや歯石を取り除きます。必要に応じて歯槽骨を作り、でこぼこした歯の表面を平らな状態に仕上げます。

歯肉を縫い合わせ、1週間後に抜歯を行います。手術を行う歯の本数や症状の進行具合にもよりますが、数本の手術で1時間~2時間くらいを要します。

フラップ手術の費用目安

  • 保険適用の場合:3,000円(1部位)
  • 保険適用外の場合:1~10万円(1部位)

フラップ手術の術後

手術後は歯周ポケットが再発しないよう、歯磨き等で口の中の状態を管理していきます。

ですので、歯磨きなどで管理がしっかりできない人は歯周病の進行がかえって早まる恐れがあるので、フラップ手術の可否については担当医とよく相談して決めましょう。

最先端の再生医療エムドゲイン療法とは

エムドゲイン療法は1997年に予防歯科先進国のスウェーデンで生まれた歯周組織再生治療です。

安全性が高く、歯周病によって失われた歯周組織(骨や歯根膜など)を再生できるため、2016年現在では、世界40か国以上で採用されていますが、日本では健康保険が適用されないため、自費治療になります。

エムドゲイン療法の治療内容と手術費用

歯の表面の汚れを取り、失われた歯周組織にエムドゲイン(エナメルマトリックスタンパク)を入れることで溶けた歯周組織を再生させます。

歯肉に麻酔をかけ歯肉を切開し部分的に剥離します。歯根表面にエムドゲインゲルを塗布した後、剥離した歯肉を元に戻し、切開した歯肉を縫い合わせます。術後、1週間後くらいで抜糸します。

エムドゲイン療法の費用

  • 保険適用外:5~10万円

エムドゲイン療法の術後

術後1ヶ月くらいは歯間ブラシやデンタルフロスの使用を控えます。半年くらいたつと骨が少しずつ形成されていきますが、骨を再生させても歯周病になると再び骨は溶けてしまうため歯周ポケットのクリーニングは必須です。

また、喫煙者の場合はニコチンによって歯肉の毛細血管が収縮し、歯周組織の再生能力がなくなってしまうためエムドゲインをしても効果はほとんど期待できません。すべての人に有効な治療であるとは限らないということをよく理解しておきましょう。