歯周病治療で評判のクリニック » 歯周病治療の3つの方法 » PMTCとプラークコントロール、スケーリング

PMTCとプラークコントロール、スケーリング

歯科で行われている歯周病の予防・治療(スケーリング・PMTCなど)をまとめました。

歯周病予防にPMTC・スケーリング等が有効な理由

歯周病の予防・改善の治療法はいくつかあり、スケーリング、プラークコントロールなどのベーシックな治療に加えて、PMTCなどの専門的な治療を提供しているクリニックもあります。

それぞれの治療法について、その特性やメリットなどをご紹介しますので、治療の選択にご活用ください。

スケーリング

歯や歯の根に付着したプラーク(歯垢)と歯石を除去する治療です。治療では、スケーラーと呼ばれる、先端が尖った専用器具を使い、医師や歯科衛生士がプラークや歯石をおとします。歯石が歯にこびりついてしまっていたり、石灰化していたりすると歯石の除去が難しいため、通院回数が多くなります。

スケーリングをすると出血する場合がありますが、これは歯石がついた部分の歯茎が炎症を起こしているから。歯石を除去すれば歯茎の炎症も改善されますし、スケーリングをしても出血しにくくなります。

丁寧に歯磨きをしていても、歯垢や歯石は付着してしまうのでスケーリングは定期的に受けましょう。治療費用は、健康保険が適用されるので1,000円程度です。毎日丁寧に歯磨きをしていれば歯垢や歯石がつくことはないのでは…と思うかもしれませんが、念入りに歯磨きをしていても取り除けていないものがあります。

スケーリングで使うスケーラーはただゴリゴリと歯石を削るものではなく、超音波を使った器具です。そのため、セルフケアでは取り除けない汚れもしっかり落としてくれます。 スケーリングを行った後に歯がしみるようになり、「削りすぎてしまったのでは…」と心配になる方がいるようです。しかし、これは歯の根元付近を覆っていた歯石が取れたために起きる症状なので心配いりません。

歯石自体が直接歯周病の原因になるわけではないのですが、歯に歯石がつくとでこぼこした状態になり、歯垢がたまりやすい状態になります。結果的にこれが歯周病を招いてしまうので、定期的にスケーリングを行い、歯石のない状態を保つことは歯周病予防のために非常に重要なことだといえるでしょう。

プラークコントロール

プラークコントロールは、その名の通り、プラーク(歯垢)が増えないようにコントロールすること。歯科の診療では歯ブラシや歯磨き指導などが挙げられますが、日々ご自身で行う、歯磨きやデンタルフロス、糸ようじ、液体歯磨き(マウスウォッシュ)、などもプラークコントロールになります。

プラークは食事をとる度に付着するので、できるだけ毎食後、歯磨き+歯間ブラシ(またはデンタルフロス等)でのケアが大切ですが、歯周病になっている人は歯周ポケットの溝が深くなっていて、そこに入り込んだプラークを除去するのは難しいので、歯科でスケーリングを受けるなどしてプラークを除去してもらう必要があります。丁寧な歯磨きをしていてもすべての歯垢を取り除くことはできません。口の中には非常にたくさんの細菌が存在しているだけでなく、それが増殖しやすい環境にあるため、長時間歯磨きができなかったり、磨き残しがあると簡単に歯垢は増えてしまうのです。

また、毎食後に丁寧に歯磨きをしていても歯磨きだけでは取り除けない汚れがあります。歯周病になる大きな原因は歯垢にあるので、この歯垢をいかに抑えるか?ということを考えた際にプラークコントロールは非常に大切なものだといえるでしょう。 完璧にプラークコントロールができていれば歯周病になるリスクは大幅に少なくなります。 参考:特定非営利活動法人 日本歯周病学会(14P)    http://www.perio.jp/publication/upload_file/guideline_perio_plan2015.pdf

プラークコントロールでは歯科医師や歯科衛生士から正しい歯磨きの方法を学べるのも魅力です。普段丁寧に歯磨きを行っていても、歯並びや磨き方のクセなどが原因でうまく磨けていないポイントがあるかもしれません。 自分1人ではなかなかそういったことに気づけませんよね。正しいブラッシングについて歯科医師や歯科衛生士からアドバイスがもらえれば自宅で行う歯磨きの効果も格段にアップします。 デンタルフロスや歯間ブラシも使った方が歯垢は予防できるのですが、具体的な使い方がよくわからない方も多いはず。そういった場合もアドバイスが受けられます。

PMTC

PMTCは、プラークコントロールのひとつとして歯科で提供されている治療法です。PMTCは“プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング”の略で、予防歯科の先進国スウェーデンで生まれました。

治療では、ゴム製の専用チップや回転ブラシを使い、歯と歯の間、歯ぐきと歯の境目、歯の細かい溝など、歯磨きやフロスで落とし切れないこびり付いた汚れを除去します。

PMTCは虫歯予防効果にも優れており、スウェーデンで行われた研究結果によるとPMTCを受けたグループと、受けなかったグループを比べると、その差は歴然。PMTCを受けなかったグループは、20年間の虫歯菌の数が70倍にも及んだそうです。ほかにも、歯のホワイトニング効果、口臭予防効果なども期待できます。

保険適応外なので1回あたり7,000~10,000円くらいの費用がかかりますが、痛みがなく、また、効果も高い治療なので非常に費用対効果が高い治療だと言えます。できるかならば3ヶ月に一度はPMTCを行うのが理想的とされています。保険適用外ということもあり定期的に行うのは厳しい方もいるかもしれませんが、歯周病になって歯を失うリスクを大幅に低減できることを考えると決して高いとは言えないでしょう。

PMTCを行う大きな魅力ともいえるのが、自分では取り除けない歯垢がしっかり落とせるということ。自宅で歯磨きやデンタルフロスなどを活用したプラークコントロールを行っていたとしても落としきれないものがあるので、そういったものをプロの目で確認してもらいながら落としてもらえます。

また、すでに歯周病が進行している場合、毎月でもPMTCを行うのがおすすめです。というのも、歯周病が進行している場合は歯周ポケットが深くなっており、4ミリ以上の歯周ポケットがある場合は自力で歯垢を取るのが難しくなってしまいます。 まだ歯が健康だったり、歯周病がそれほど進行していない場合には3ヶ月に1回程度のPMTCでも歯周病の予防につながりますが、どれくらいの頻度で通うのが最も効果的なのかは歯科医師とよく相談しながら決めてくださいね。

歯周ポケットがほとんどない方であれば半年に1回程度のPMTCでも十分な効果を実感できます。PMTC完了時にフッ素を塗っているクリニックもあるため、虫歯予防にもつなげられるのが魅力です。定期的にPMTCを行い、歯周病や虫歯のない健康的な歯と歯茎を目指しましょう。