HOME » 歯周病治療の3つの方法 » レーザー治療

レーザー治療

歯周病治療の一つであるレーザー治療について、治療の特性、流れ、痛みの有無、治療費用などをまとめました。歯周病でお悩みの方の情報収集にご活用ください。

歯周病のレーザー治療とは?

レーザー治療は、傷口の消毒、歯ぐきの炎症抑制、知覚過敏の緩和、傷口の殺菌など歯科でよく使われますが、歯周病の治療にも用いられています。おもに炎症が起きている歯肉の歯周ポケットをレーザーで照射し蒸発させ、歯周組織の再生を促すことが目的です。

さらに、レーザーの熱で歯肉の血を固めて歯周ポケットをふさぐことで歯周病菌の侵入を阻止し、歯肉の再生スピードを早めて健康な歯肉へと導いていきます。レーザー治療のメリットは、外科手術に比べて痛みが少ないこと、1本あたり5~10分程度の短時間で治療が済むこと、縫合がない、感染リスクが少ないことなどが挙げられます。

歯周病レーザー治療の内容

レーザー治療は外科手術に比べれば痛みは少ないとはいえ、痛みが生じるため治療前には麻酔を打つこともあります。歯周ポケット内にレーザーを照射し、歯と歯肉に存在する歯周病菌を除菌します。

歯周病レーザー治療の術後

通常は、1~3週間ほど間隔をあけて再度レーザー照射を行うことで、次第に症状が改善されます。歯周病の重症度により治療回数や頻度は異なりますが、おおむね1ヶ月くらいで歯周ポケットがなくなり歯の状態が安定してきます。

また、歯茎が引き締まるため、ぐらぐらしていた歯も固定されるようになります。

歯周病レーザー治療器の種類

歯周病治療に使われるレーザーは、10種類以上あり、クリニックによって採用しているレーザー治療器は異なります。現在、歯科で使われているレーザー治療器は次のような治療器が挙げられます。

  • 炭酸ガスレーザー
    もっともポピュラーなレーザー治療器です。組織の表面に吸収される非透過性で、周辺組織への負担が少ないことが特長です。
  • エルビウムYAGレーザー
    歯の表面にエネルギーが集中するため周辺組織への負荷が少なく、安全性の高いレーザーです。レーザーでは唯一歯周病への有用性が認められています。

近年では水素の水溶液にレーザーを照射する水素レーザーが、99.9%以上の菌を死滅させたという研究結果が発表され、注目を浴びています。体への影響がなく、治療困難と言われる、歯周ポケットの奥深くにある菌も除去できるとのこと。

痛みが強いというデメリットもあるようですが歯科業界の間では、高い期待が寄せられています。