歯周病治療で評判のクリニック » 歯周病治療の3つの方法

歯周病治療の3つの方法

歯科で提供している歯周病予防法や治療方法についてまとめました。歯周病治療にはいくつか種類がありますが、ここでは代表的な三つの方法を取り上げました。

歯科で行われている歯周病の治療方法

歯周病は日本人の成人の8割がかかっていると言われている、いわば国民病とも言える病気です。歯周病が進行すると歯ぐきが炎症を起こしたり、骨が溶けたりして歯を失ってしまう、とても恐ろしい病気なのです。

しかし、早い段階から治療や予防に努めることで歯周病の進行を食い止めることができます。普段の歯磨きなどの習慣に加え、歯科で受けたい予防や治療方法をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

PMTCとプラークコントロール、スケーリング

歯科で行われるポピュラーな歯周病予防「スケーリング」や、歯周病菌の発生を防ぐための基本的な口腔内ケア「プラークコントロール」、そして、歯科先進国スウェーデンで生まれた画期的な歯周病治療「PMTC」について、治療方法や費用等をまとめました。

プラークコントロールやスケーリングは歯周病で最も基本となる治療です。なかでも、プラークコントロールはいくら高価な治療をしても日々のケアができない人には無意味となってしまうため非常に大切な予防法です。

フラップ手術と再療法

進行してしまった重度の歯周病治療として行われる外科手術「フラップ手術」について、手術内容や、手術費用、術後の経過や注意点を解説しています。また、歯周組織を再生できるとして注目されている最先端治療「エムドゲイン療法」に関する情報もまとめました。治療のメリット・デメリット等も紹介していますので、ぜひ参考になさってみてください。

レーザー治療

歯周病治療のひとつであるレーザー治療について、治療の特性や治療の流れ、費用等をまとめました。歯周病治療でよく使われているレーザーの種類やそれぞれの特性についても解説します。

歯周病の治療方法にはさまざまな選択肢があります。なかには一部の歯科でしか扱っていない最先端の治療や特殊な治療もあるので、まずはどんな治療法があるかを知り、自分に適した治療を絞ってみてください。そのうえで、適切な歯科を選びましょう。