歯周病治療で評判のクリニック » 歯周病についてのQ&A

歯周病についてのQ&A

歯周病に関する素朴な疑問から、今更人には聞けない質問などをQ&Aとしてまとめました。

歯周病について疑問・質問を徹底解説

  • Q.歯周病は誰もがかかるもの?
    A.日本人の成人のうち8割が歯周病を患っていると言われていますが、必ずしもかかるわけではありません。歯科で歯垢や歯石をこまめに除去したり、定期的に歯科検診を受けている人は歯周病にかかっていない人が多いです。
  • Q.歯周病は現代病なの?
    A.歯周病は古くからある病気で、旧石器時代のネアンデルタール人も歯周病を患っていたとことが分かっています。古代人の骨の状態を観察すると、身分の高い人ほど重症という傾向があるため、贅沢な食事を摂っていた人は歯周病にかかっていたと推測できます。
  • Q.歯ぐきが腫れたり引いたりを繰り返しているうちに歯が動くようになったのはなぜ?
    A.歯ぐきは、歯と歯ぐきの境目に歯垢がたまることで炎症を起こし、腫れてしまいます。その症状が慢性化され、歯周病が進行し、歯を支えている骨が蝕まれることで歯が動くようになってしまいます。歯が動き出したら早めに受診しましょう。
  • Q.歯みがきは毎食後必ずするべき?
    A.歯周病や虫歯のもととなる歯垢は、食後から時間が経過するにつれて蓄積されていくため、とれにくくなります。そのため、食後にすぐ磨くのが理想ですがみがき残しがあるなど、不十分な歯みがきをするくらいなら、就寝前にしっかり歯みがきをする方が効果はが高いと言われています。
  • Q.電動歯ブラシだけで歯周病を予防できる?
    A.製品にもよりますが、電動歯ブラシだけでは磨ききれない場所が出てきます。また、電動歯ブラシは長く使うと歯の表面が削れる可能性もあります。普通の歯ブラシをメインに使い、電動歯ブラシは歯肉マッサージなどの補助的なものとして活用すると良いでしょう。
  • Q.歯槽膿漏と歯周病は違う病気?
    A.歯槽膿漏と歯周病は同じです。歯槽膿漏は、歯肉から膿がでる病気として呼ばれていましたが、膿だけでなくさまざまな症状がある為、今では歯周病と呼ばれるようになりました。
  • Q.歯周病は薬だけで治せる?
    A.結論から申しますと、薬だけでは治療できません。歯科で歯垢や歯石を取ってもらい、さらに正しい歯みがき指導を受けることが優先となります。さらに、必要に応じて薬を処方するため、薬は補助的な役割として考えておきましょう。
  • Q.丁寧に歯磨きをしていても歯周病にかかる?
    A.歯磨きがしっかりできていれば歯周病になる可能性は低くなります。ですが、口の中には10億個ものばい菌が存在しているといわれており、丁寧に歯磨きをしているつもりでもほんの少しでも磨き残しがあればそれが原因で歯周病に発展するケースは少なくありません。
  • Q.歯周病にかかりやすい人はいる?
    A.歯周病のかかりやすさは個人差が大きいです。遺伝的な影響もあるといわれており、他にも歯並びが悪くて磨き残しが発生しやすい方や喫煙などの生活習慣に問題があって歯周病にかかりやすくなっている方もいます。また、男性よりも女性の方が口腔内に分泌されるホルモンの影響もあり歯肉トラブルが起きやすいので注意が必要です。
  • Q.タバコと歯周病の関係は?
    A.タバコを吸っている方の中には歯周病に悩んでいる方も多いです。タバコには有害物質が含まれていますが、それが歯肉を硬くします。これにより歯周病であることに気づきにくく、対策が遅れてしまうのも厄介です。また、タバコを吸うことにより血行が悪くなり歯周病が治りにくくなります。
  • Q.お酒と歯周病の関係は?
    A.お酒自体が歯周病に悪影響をもたらすわけではありません。ですが、お酒を飲んで酔っぱらってしまうと歯磨きを忘れたり、磨き残しも発生しやすくなるので注意が必要です。
  • Q.歯並びの悪さと歯周病の関係は?
    A.歯並びが悪いとどうしても磨き残しが発生しやすくなります。それだけでなく、かみ合わせも悪いと一部の歯だけに不要な力が伝わってしまい、それが歯周病の症状を悪化させることも多いです。
  • Q.歯周病と食べ物の関係は?
    A.歯周病の原因はプラークです。そのため、プラークを作りやすい食べ物をたくさん取っていると歯周病にかかりやすいといえるでしょう。糖分が高いものや粘着性の高い食べ物はプラークができやすくなったり、細菌が活動しやすい状態になるので気をつけなければなりません。
  • Q.他の病気と歯周病の関係は?
    A.口とは関係のない病気にかかったところ、急に歯周病になったりそれまで軽度だった歯周病が悪化するケースもあります。糖尿病や皮膚の病気のほかは、血液の病気や降圧剤などを使うと口に影響が出ることもあるため、それにより歯周病を引き起こしたり悪化するケースが多いです。
  • Q.歯周病治療にかかる期間は?
    A.歯周病の状態により大きく異なります。かなり初期の段階であれば短期間の治療も可能です。しかし、中度以上の状態になった場合には長期的な治療が必要になります。
  • Q.歯周病の治療を途中で中断してしまった…
    A.治療途中で中断した場合、再開するのが理想的です。特に中度以上になったら歯周病の場合、自宅で丁寧なブラッシングをするだけではなかなか状態が良くならないので、しっかり治療を受けましょう。
  • Q.歯周病予防で重要なことは?
    A.何よりも大切なのは歯周病を引き起こす原因であるプラークをしっかり取り除くということ。歯磨き粉の成分選びにこだわるのも良いのですが、特に重視しなければならないのは丁寧に歯磨きを行い、プラークを残さないことだといえます。
  • 歯周ポケットとは何?
    A.歯と歯茎の間には溝があります。健康的な歯であればほんの1ミリ程度の溝なのですが、歯周病になるとこの溝が深くなり、歯周ポケットと呼ばれる状態になります。
  • Q.歯周病は放置していてもいい?
    A.歯周病はその他の病気を引き起こす原因になりかねません。特に重度の歯周病になった場合、大量発生した細菌が血液に取り込まれてしまい、心筋梗塞などの重篤な病気を引き起こすこともあるのです。たかが口のトラブルと安易に考えるのではなく、早期に対策をとりましょう。
  • Q.歯ブラシは電動のものの方が良い?
    A.必ずしも電動歯ブラシの方が良いわけではなく、自分に合った歯ブラシを見つけることが大切です。電動歯ブラシは短時間で素早く磨けるのが魅力ではありますが、細かい凹凸にうまく毛先が当たらないものもあるため注意しましょう。