歯周病予備軍の症状

現代では成人の8割が歯周病予備軍といわれています。歯周病は放置をしておくと大切な歯を失う事に繋がります。本来あるはずの歯を失うことで健康が損なわれます。頭痛や肩こりといった慢性的に感じるものから、肺炎や心筋梗塞、狭心症といった病の引き金になってしまうことも考えられるでしょう。

歯周病は恐ろしい病であるものの、ある程度進行しないと痛みなど明確な自覚症状はほとんどないのが怖いところです。ただし、まだ病に至る前の段階のいわゆる歯周病予備軍の症状である場合もあるため、こちらを自身でチェックし、思い当たる節があればすぐにかかりつけの歯科医院に相談しましょう。歯周病の手前であれば、数回の通院で終了するケースも多々ありますから、安心してくださいね。

歯周病予備軍の症状を理解して対策を!

具体的に歯周病予備軍の症状を挙げていきます。それぞれの特徴を理解して、予防・改善に努めるようにしてください。

プラーク(歯石)

具体的に歯周病予備軍の症状を挙げていきますと、まずはプラーク(歯石)が溜まっていること。テレビのCMなどでプラークコントロールという言葉を聞いたことがある方もいるかもれません。それはプラークが歯に付着しないように適切なケアをしようということを意味しています。

プラークとは歯垢が歯に付着し、そのまま放置されたために堅くなったものです。歯石とも呼ばれ、その名の通り石のようになっているため、通常の歯磨きケアで除去することはできません。歯科に行き、口内を医療用器具でクリーニングしてもらう必要があります。

成熟したプラークには1mg当たり1億から数億の微生物がいるといわれており、その中には歯周病に関係する細菌が含まれている可能性があります。プラークの溜まった口内は歯周病にかかるリスクが極めて高い状態で、歯周病予備軍の口内といえるでしょう。

口臭

そして口臭を感じるのも歯周病予備軍の症状の一つです。プラークが溜まると口内に微生物がたくさんいる状態になるため、臭いを発するようになります。

人の口臭を指摘するのはなかなか難しいですよね。そのため、周りから指摘をされた際には悪化しており、すでに予備軍ではない可能性も高まります。自分の口臭に気づいたときには早めに相談をすることをおすすめします。

歯茎から出血

次に歯を磨くと歯茎から出血をしてしまうのも、歯周病予備軍の症状。細菌の繁殖などにより歯茎が弱っていたり腫れたりしており、歯ブラシやフロスですぐに傷ついてしまうのです。

ただし、喫煙の習慣がある人は必ずしも出血イコール歯周病予備軍とはいえません。タバコには毛細血管を収縮する働きがあるため血流が悪くなり歯茎が腫れ、歯ブラシなど少しの刺激で出血をしてしまうのです。

また、妊娠中や更年期の女性も出血しやすくなります。ホルモンの変化で、歯茎に流れる血液の量が一時的に増えるケースが多々あります。そのため、少しの刺激で出血をしてしまうかもしれません。

簡単な見極め方は歯茎が腫れているか否かです。またはジュクジュクしているかなど、歯茎に違和感がある際には歯周病予備軍の症状の一つとして出血していると考えてよさそうです。

歯がしみる

さらに食べ物がしみるのも代表的な症状といえるでしょう。歯周病が進行すると歯茎が下がってきます。本来であれば歯茎の中に埋もれているはずの歯の神経が露出してしまうため、冷たい飲み物や温かい食べ物に対して痛みを感じるようになるのです。いわゆる知覚過敏とも呼ばれる症状ですが、そもそもの原因は歯周病であるケースも多々あります。

自分が歯周病予備軍かなと感じた際には、できるだけ早くいきつけの歯科で診察を受けるようにしてくださいね。