歯周病と歯肉炎の違いとは

歯周病と歯肉炎の違いとは?

口の中のトラブルはいろいろありますが、その中でも歯周病と歯肉炎の違いはどこにあるのかについてまとめました。

歯肉炎と歯周炎

まず、歯肉炎についてです。歯肉炎とは、歯茎の周りに炎症が起きている状態のことをいいます。歯肉炎と聞くと歯茎全体が炎症を起こしているようなイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

これは炎症の中でもまだ初期の段階のことで、歯の周りの組織にまでは炎症がおよんでいないのです。早期に治療を行えば、かなり状態は良くなるでしょう。

また、歯肉炎のほかに歯周炎と呼ばれるものもあります。こちらは歯茎部分に炎症が治まらず、骨にまで炎症が広がっている状態のことです。歯肉炎と同じ治療を行ったとしても状態はなかなか改善しません。

突然歯周炎になるわけではなく、歯肉炎を治療せずに放置した場合には歯周炎に繋がってしまう恐れがあるのです。

歯周病と歯肉炎は何が違う?

では、歯周炎ではなく、歯周病と歯肉炎にはどのような違いがあるのでしょうか。そもそも、歯周病とは歯の周りに起きるトラブルの総称のことであり、先述した歯肉炎や歯周炎はどちらも歯周病に該当するのです。

このうち、炎症の範囲が歯周炎の前の段階で抑えられているものを歯肉炎と呼ぶと考えればわかりやすいでしょう。

治療については、どちらも必要です。歯肉炎の段階で抑えられていれば歯周炎に発展することはないのですが、対応が遅れてしまうとひどい歯周炎になり、歯を失うリスクも出てきます。

自分は毎日しっかりブラッシングをしているから歯肉炎にはならないはず…と思っている方もいるかもしれませんが、歯磨きのみではうまく取り除けない汚れもあります。こういった場合も歯科医院で相談をすれば歯垢(プラーク)専用の器具でしっかり取り除いてくれるので、歯肉炎の予防をしてもらうついでに歯のクリーニングをお願いしてみましょう。

歯周炎になった場合はどのような治療が行われるのかというと、こちらは外科的処置を行わなければなりません。歯周炎と呼ばれるような段階になると自分で対応はできないため、医師に相談しながら対処について検討していくことになります。

大切なのは歯肉炎になった段階ですぐに適切な治療を行うことにあるでしょう。軽い歯肉炎だと大きな異変も感じないので、つい放置してしまう方が多いです。しかし、歯肉炎になっているということは、歯周炎に向かう一歩前の段階だということをよく理解しておかなければなりません。

早期の段階で治療を行っておけば十分に対策は取れたものの、治療が遅れたために大きな後悔をすることになってしまった…という方も多いのでぜひ積極的に治療について検討してみてくださいね。

大切なのはできるだけ早期の段階で異常に気づくことです。歯磨きをした際に出血があったり、歯茎に腫れがある場合は歯肉炎を疑ってみましょう。このような早期の段階で発見できれば高確率で歯周炎になるのを防ぐことができます。