HOME » イロハを確認!歯周病治療とは » 再発防止・予防のための歯磨き法

再発防止・予防のための歯磨き法

歯周病の予防にぜひ取り入れたい、正しい歯みがき法を解説。今日から実践できる簡単なものばかりなので、是非実践してみてください。

歯周病予防に効果的な歯みがき法とは

皆さんが毎日している歯みがきは、虫歯予防はもちろん歯周病予防や進行抑制の基本です。歯科でどんなに良い治療をしても、日々の歯みがきを怠ったり、しっかり磨けなかったりすると再び歯周病菌が増殖し、歯周病は進行してしまいます。

今一度、歯みがきで得られる効果を再確認するとともに、正しいみがき方で歯みがきを実践しましょう。

知っていますか?歯みがきの役割

歯周病の一種である歯肉炎は、歯と歯ぐきの間に付着した歯垢によって炎症が起きている状態です。歯みがきをすることで歯垢を取り除くことができるため、歯肉炎の予防・改善に繋がります。また、歯周病の治療の基本も歯みがきです。

歯周組織にダメージを与えている歯周病菌は歯みがきによってある程度除去することができるからです。ほかにも、虫歯菌の除去はもちろんのこと、口臭対策やインフルエンザの予防にも効果があると言われています。

歯ブラシの選び方

自分の歯や歯肉の状態にあった歯ブラシを使うことも大切です。歯周病で歯ぐきが腫れている時や、歯みがき時に痛みを伴う場合は、毛先がやわらかいブラシを選ぶのがおすすめです。

また、出血がある場合は、できるだけ歯と歯ぐきの境目にある歯垢を落とすために毛先が細い歯ブラシを選ぶと良いでしょう。

電動歯ブラシは、長期に使用すると歯がすり減ってしまう可能性もあるため、あくまで普通の歯ブラシの補助的なものとして、歯肉マッサージ程度に活用するのがおすすめです。

歯垢除去に効果的な歯みがき法

歯垢をしっかり落とすためには歯みがきのやり方が重要なポイントとなります。歯ブラシを歯に強くあてすぎてしまうと、歯の表面を傷つけてしまうのでNG

ペンを持つような持ち方で力を調整しながら、小刻みに磨くようにしましょう。ゴシゴシみがく癖のある人は、歯ブラシに添える指を1本、2本と減らしてみてください。

歯みがきをする時は、ななめ45℃にあて、歯1本ずつを小刻みに動かしながら磨くようにしましょう。前歯の裏側は歯ブラシを縦に使って磨きます。

歯ブラシ交換は1ヶ月ごとに

歯ブラシは使っていくうちに毛先が広がります。毛先が広がってしまうと歯垢をキャッチできずみがき残しが起こりやすくなるので、最低でも1ヶ月使ったら新しい歯ブラシに交換するようにしてください。