歯周病治療で評判のクリニック » イロハを確認!歯周病治療とは » 歯周病の原因ってどういうものがある

歯周病の原因ってどういうものがある

歯周病の原因ってどういうものがある?

歯周病になる原因は実に様々です。そこで、原因として考えられるものについてご紹介しましょう。

歯周病の原因

歯周病になる直接の原因は歯垢(プラーク)にあります。歯垢とは歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間に存在している細菌の塊のこと。厄介なことに歯垢は毒素を出し、これにより歯周病が発生するのです。また、歯垢は歯周病の原因となる細菌を媒介する働きも持っています。

つまり、歯垢の中にはたくさんの細菌が存在している状態だといえるでしょう。たった1ミリグラムの歯垢の中に10億個の細菌がいるとも言われているのです。そのため、歯垢を発生させないことが歯周病予防において非常に大切になってきます。

では、歯垢ができてしまう原因はどこにあるのでしょうか。人によって原因が違うので、自分の場合はどれに該当するのかチェックしてみてくださいね。

歯磨きが不十分

歯磨きが不十分だった場合には歯垢が発生しやすくなります。磨き残しが発生しやすいポイントは特に注意して磨くようにしましょう。

また、歯周ポケットからしっかり歯垢を取り除くためには先端の細い歯ブラシを使うことも大切です。使っている歯ブラシの質が悪いといくら丁寧にブラッシングをしても歯垢が取り除けないことがあるので注意しておきましょう。

口呼吸

口呼吸になると唾液が乾燥しやすい状態になります。唾液には殺菌効果があるため、口を閉じていると分泌された唾液が菌を殺してくれるのです。

口を空けたままで生活する方が多い方は知らず知らずのうちに菌が繁殖し、歯周病が進行しやすくなります。特に寝ている時に口呼吸になってしまう方は起きるまでの長時間口の中で細菌が繁殖しやすい状態が継続することになるので、鼻呼吸にするための対策を取ってみましょう。

歯並びが悪い

歯並びが悪いと歯磨きをした際に磨き残しが発生しやすくなるだけでなく、ただ物を噛んでいるだけで歯に余計な負担がかかります。すると刺激を受けた歯の周りで歯周病が進行しやすく、悪化に繋がるのです。

血糖値の問題

糖尿病の方は歯周病になりやすいと言われています。これは血糖値が上がることによって体の新陳代謝が下がり、それと一緒に歯茎も代謝が下がってしまうためです。それだけでなく、歯周病自体が糖尿病を悪化させるとも言われているので、糖尿病の予防・改善のためにも口の中の状態を整え、歯周病対策をしていくことは非常に重要だといえるでしょう。

遺伝性病気

人は親からさまざまなものを引き継ぎますが、遺伝性の病気が原因で歯周病にかかりやすくなることもあります。ただし、これは歯周病そのものが遺伝するという意味ではありません。 一般的に考えられているのは、歯周病の原因となる細菌が住みやすい口内環境が遺伝するのでは?ということです。

近年は少しずつ遺伝子研究が進んでおり、遺伝子診断によって歯周病の原因の一つに遺伝が挙げられるのではないかと疑われるようになりました。まだ詳細については解明されていませんが、親が歯周病で悩んでいる場合は注意しておきましょう。 また、遺伝が原因で発生すると言われている歯周病として、若年性歯周炎(じゃくねんせいししゅうえん)と呼ばれるものがあります。 これは11歳頃から20代前半までの非常に若い世代に現れる歯周病のことで、永久歯に対して急速な歯周炎が進行する病気のことです。

例えば、親が若くして入れ歯になった場合は若年性歯周炎だった可能性があり、遺伝のリスクもあるので注意しておきましょう。

血液の病気

歯周病に繋がる血液の病気として代表的なのが白血病です。白血病が原因で歯周病が発生している場合、代表的な症状として挙げられるのが歯茎からの出血です。一般的に歯茎からの出血といえば歯槽膿漏が原因で発生している可能性が高いのですが、白血病が原因で出血する可能性もあるため、一つの可能性として押さえておきましょう。

白血病は血液のガンで、免疫力が低下したり貧血などが起きやすくなります。この病気の初期症状として歯茎からの出血が見られることもあり、出血がきっかけで病院を受診したところ、白血病だとわかった方も多いです。

歯周病が原因で発生する出血とは違って、なかなか血が止まらない場合は注意しましょう。反対に、歯磨きの際に少量の血が出る程度では白血病のリスクは少ないです。万が一、白血病だった場合は息切れや発熱などその他の症状も出ます。 そういった症状がなくても心配な方はクリニックで相談してみましょう。

皮膚の病気

皮膚と歯周病は何も関係がないように思うかもしれませんが、皮膚の病気が歯周病を引き起こしている可能性があります。現在かかりつけの皮膚科がある場合は、そちらに歯周病との関係について相談してみてくださいね。

また、反対に歯周病が原因で肌にトラブルが起きてしまうことも少なくありません。実際に歯周病や歯の治療を行ったところ、かなり重度だった酷い肌トラブルが改善されるケースもあるのです。

タバコ

タバコといえば、百害あって一利なしといわれるほど体にとって良くないものです。タバコが体に与える悪影響の一つとして、歯周病も挙げられるでしょう。 タバコにはニコチンのほか、数百ともいわれる有害物質が含まれています。例えば、タバコに含まれているタールによって歯垢や歯石が付きやすくなったり、唾液が減ることにより歯周病の原因となる細菌が発生しやすくなるなどのデメリットがあるのです。

また、健康的な口内を作るためには栄養素も必要になりますが、ニコチンは栄養を運ぶのに大切な役割を持った血管を収縮させる働きを持っています。そのため口内環境が悪化し、歯周病に繋がることもあります。 気をつけなければならないのが、タバコを吸っていると自分が歯周病であることに気づけない可能性があるということ。一般的に歯周病を自覚する大きなポイントは歯茎の腫れやブラッシングをした際の出血ですよね。しかし、タバコを吸っているとこれらの症状が発生しにくいのです。

これは、タバコに含まれるニコチンの働きによってうまく酸素が運ばれず、歯茎が低酸素状態になっていることが関係しているのでしょう。歯周病で炎症が発生するのは体と口内の細菌が戦っている証拠だといえるのですが、酸素が足りずうまく細菌と戦えなくなった体は炎症が起きにくい状態になります。 そのため、見た目にはあまり変化がないのですが、知らず識らずのうちに歯周病が悪化し、重症化してしまうこともあるのです。

歯石になる前に手を打とう

歯垢はうがいをしただけでは落ちませんが、しっかりブラッシングをすれば落ちます。しかし、長期間にわたり歯垢が蓄積した状態が続くとそれが石のように硬い歯石と呼ばれる物質に変化してしまうことがあるのです。

歯石になると通常の歯磨きでは落とすことができず、歯科医院で取り除いてもらわなければなりません。歯石は歯垢と同じく歯周病の大きな原因ともなるので、歯石ができてしまった場合はできるだけ早めに対策をとりましょう。

歯石を放置するとその周りに細菌が入り込みやすい状態になり、更に歯周病が進行します。他にもタバコやストレスなども歯周病の原因とされているので、できるだけ改善できるように工夫してみてくださいね。